雄大の不適切な虹

LGBTです。旅行・トレーニング・黒い音楽、昭和の歌謡曲が好きなのです。

不倫じゃないよね

好きだった人が結婚してる人だった事がある。 

妻がいた。

 

彼は僕を抱いてる時、

〝不倫じゃないよね〟って言う人だった。  

彼のこの疑問に僕は回答した事はない。

 

〝妻よりかわいい〟って言われた事は、少し嬉しかった。

 

結婚してるのに、ゲイってどう言う事なんだろうかと当時は思った。 

 

今ならわかるけど。 

 

詳しい話はまたいつか!

 

では、また!

アプリは何色?⑤〜電車の運転手

赤いアプリからメッセ。

 

〝バリタチです〟との事、何も聞いてないのに。

〝エロ目じゃないのです〟と健全な回答な僕。

 

アプリに投稿してる画像は、顔付き画像と自分の部屋の写真だ(たぶん)。アプリのあるあるなんだけど、部屋の画像をあげてる人いるよね。

景色より全然良いけど。

 

会う事にした(笑)

 

約束は彼の家の最寄駅。

彼に持ち帰られる予感!会ってから考えよう。

 

ラフな格好で現れた彼。画像より爽やかな感じ。イタリアンレストランでご飯を食べ、次は、ガストに入った。

 

僕は何故か彼をあまり好きになれなかった。

凄く話も楽しいし、優しいんだけど。。。

 

話す時に節々に、ちょっと〝オネエさん〟を感じる。僕の好みの話だから、決して差別してるわけではないんだけど、2人でデートする相手としては、タイプではない。

 

〝俺んち来ない?〟と彼。

アプリにのせていた素敵なお部屋を見てみたいと思っていたので、

〝(ちょっと戸惑うフリをして)いいんですか?〟と俳優な僕。

心は、エッチな事はする気ない。ホントに。

 

概してバリタチ君は部屋に入ると直ぐに、抱きついてくるので、注意しないと!:僕の経験のデータによる。

 

彼のマンションは、駅近くの新築のデカいマンションだ。お部屋は画像通りの部屋で、2LDK位あったかなぁ。家族で住めるくらいでかい。ゲイの一人暮らしに不要な広いさだ。しかも物が全くない。

 

アプリの話しになり、〝この画像誰が撮ってくれたの?〟と彼。

元彼と言えず、〝自撮りです〟と僕。

 

彼が僕の横に座る。僕は彼とは無理だった。

ホントに。

 

〝明日、夜勤だからさー〟と彼。

〝仕事は何系ですか?〟と聞いてみた。

〝電車の運転手〟と彼。

何線かは教えてくれなかった。

 

ゲイの電車の運転手かぁ。

 

お話ししただけで、帰りました。

 

外は土砂降りの雨だった。

  

では、また!

 

 

自分との闘い

僕は親戚の集まりは辛いです、正直。

 

大学の頃は、〝彼女いないの?〟とか言われるのがヤだった。もっと大人になったら、女性が好きになるもんかと思った。女性から告白を受けても前へ進めなかった。

 

ホント死にたいと思った。何で同性しか好きにならないのか毎日、今も苦しい。

 

いつ死んでもいいやって、今も思う。

 

ゲイって孤独との闘いだよな。

 

おばあちゃんが死んだ時のお葬式。みんな親戚は結婚して子供もいるのに僕だけいない。おばあちゃんを見送りたいんだけど、葬式には行きたくなかった。僕は独りだから。でも頑張って行ったんだ。

 

ある親戚がやっぱり結婚の話をしてきて、もしかしてコレなんじゃないの?って僕に言ってきた。(左手の甲を右頬にあてる仕草)屈辱。

 

僕はトイレで泣いたんだ。 

 

僕はやっぱり変なんだろうか自分に問い詰める。回答は出ない。

 

ただ同性が好きなだけなんだ。そんなに気持ち悪いかな。おかしな事なのかな。

 

そんな闘いはこれからも続くんだ。

自分との闘い。

 

 

 

やっぱりマッチョじゃないとモテないのかの件

この暑さで薄着になり、我々ゲイにとっては、目の保養になるな。腕太い体育会系とかいると、追っかけちゃうよな。マジで。

 

僕は筋肉男子が基本好き。嫌いな奴はいないか。運動してなくても運動してる雰囲気の人が好き。俺もそんな風に見られるよう努力してる。

ゴールドジムに行き、今はパーソナルジムにも行ってる。

 

我々ゲイはやっぱりマッチョが上位階級にいる様な気がする。違うかな?それとも好みの問題?好みの問題か。

 

ゴールドで身体は凄いタイプなのに、顔をみたら、全く無理ってのもいる。なんか顔は決して悪くないんだけど、エロくないの。

やっぱり好みの問題か。

 

でも今まで会った人は必ずしもマッチョではない。だってエロ目じゃないもん。飲んだりして、その時楽しければ良い!

身体出してなくても、何か会ってみたいって人いるし。

 

出会いの武器としてでなく、アンチエイジングの為のマッチョでありたいな。

 

よーし明日もトレーニングだ!

 

では、また!

 

 

 

アプリは何色?④〜吉祥寺の彼

今日は黄色のアプリで出会った30代の男子に会った。約半月前から約束していた。

 

会う基準は、当たり前だけど、顔がわかるのはもちろんだけど、チャットである程度フィーリングが合わないと会ったりしない。会っても時間の無駄になると思う。下半身画像を送ってくる奴は言語道断だ。マッチョだったら、より良いけど、マッチョの必要はない。だってエロ目じゃいから!?(←たぶん)

 

とても暑い夜だったね、昨日は。10分位歩いてたまたま見つけたタイ料理屋へ。

 

彼は画像より全然実物の方がカッコよくて、関西出身と言ってた。 

 

話は凄く合った。歳上好きと言ってた。

 

彼は僕の事をジャニーズの何とか似てると言った。サーフ系とも言ってくれた。ジャニーズなんて、光ゲンジ、少年隊、ギリでV6がわかるレベル。

 

雄大さんは酔うとどうなるんですか?〟と彼。

〝やらしくなるよ(苦笑)〟

〝じゃあ酔わそう〟と彼。

 

酔ってなくても、僕たちはキスをした。

個室だったしね。彼の下半身が大きくなってたのが、目視でわかった。

 

ラインを交換した。

 

彼はバンドをしていたらしい。一応CDも出てる。ボーカルだって。だからカッコいいのかなー。

 

次回会った時は、彼と寝るんだろうな。彼はどんな〝寝技〟か楽しみだな。

 

では、また!

 

 

アプリは何色?〜前回の続き

彼は大学生だし、僕は仕事。お互い急がしくて、あんまり会えなかったんだけど、ある土曜日自宅にきた。最寄駅で待ち合わせ。道中何を話したか覚えてない。 

 

彼と食事し、MYマンションへ。

彼は〝広いですね、オシャレ!〟と感嘆。

学生の1Kと比較してるんだろうな。可愛い奴だ。

 

何を話したか覚えてないんだけど、彼はベランダでタバコを吸っていた。

僕は本が沢山あるんで、おススメを一冊彼に貸した。〝次回会った時に返して!〟軽く言った。

 

彼には妹がいて、妹にカミングアウトしたと言ってた。そしたら妹にもカミングアウトされ、兄妹で〝ゲイ〟だったと言う話をしてくれた。こんな事ってあるんだなと僕は思った。

 

夜は、軋むベット上で、(by尾崎豊♪)彼と寝た。彼は腰を激しく振りながら、僕の唾が欲しいと言う。

 

ツバ?!?!…変態だなこの子。

 

(省略)

 

彼と風呂に入った。電気でなく、キャンドルを灯し、彼と浴槽でキスをした。今考えてもエロいシチュエーション。

 

朝がきて、彼は明るい時間に帰っていった。なぜかはこの時はわからなかった。

 

ある日彼から連絡があった。

〝もう雄大君とは会えない〟と彼。

〝なんで?〟

雄大君は、他の男とメッセしてるし、会ってる時はスマホは見ないで!〟と彼。

〝……〟

彼は全て知ってたんだな。僕はホントに好きなら、他の男とメッセなんかする必要はないし、彼との時間を楽しむべきだし、彼にホントに酷い事をしたんだと思う。

 

短い期間、いや時間だったかもしれないけど、楽しかったな。

 

僕は年下の彼に色々教わったんだ。

今でも彼に言われた事を守ってるよ。もう二度誰かを悲しませたくないかならな。  

今もし彼に会ったら、きっと嫌われないって自信がある。

 

ありがとうって今なら言える。

 

P.S貸した本読み終わったら返して下さい。

 

では、また!

アプリは何色?②

今日は赤いアプリの話し。

 

アプリを始めてわかった事。

年齢じゃないんだなって事。年齢はただの数字。言いたいのは、若ければ良い、おじさんだからダメと言う事ではない。要は見た目&好みだと思う。

 

横浜付近にいたら、大学生からメッセージ。

大学2年だか3年だったかな。見た目も好みだったし、返信。

でもすげー歳離れてるし、大丈夫かなーとか心配だったけど、会話が弾み、数日後、会う事に。

 

約束は駅前の喫煙所。既にタバコを吸って待っていた。あまり喫煙者は好きでない。

 

近くの中華料理屋を予約してるとの事。

 

その場所まで談笑。もの凄いフィーリングが合う。1時間くらい食事をして、外に出た。

 

大学生の彼が、ちょっと公園に行こう!て僕を誘う。僕もまだ帰りたくないし、もっと彼の事を知りたいって思った。

 

彼は平気で手を繋ごうとするし、キスもしようとする。僕は嫌だった。周りの目線が気になる。超歳下の彼の行動に僕は封じ込めらそうだった。 

 

彼はカミングアウト済みらしい。彼を羨ましいと思った。

 

公園のベンチに座る。うっすら街灯があるだ

けで、顔の判別がギリつくか・つかないかくらい真っ暗だ。 

 

僕は彼と暗いベンチの上でキスをした。たった数時間会っただけなのに彼となら大胆になれた。彼の手が僕のシャツの下に。近くにいた浮浪者の目線を感じたけど、僕は構わなかった。

 

(省略)

 

駅まで彼と歩いた。彼は〝雄大君の家に行きたい〟と言った。彼は僕を君付けで呼ぶ。

 

〝今日はやめよう!、また次回〟とオレ。

彼は悲しいというか残念そうに帰っていた。

 

僕は彼にまた会いたいと思った。たった数時間なのに愛しいとも思えた。

 

でも僕は彼に悲しみを与える事になるとは、この時は思ってなかったんだ。

 

次回へ続く…

 

では、また!